形式(かたち)よりも“気持ち”でおくる直葬のすすめ

直葬の基礎知識や安心して依頼できる葬儀社をまとめて紹介します

直葬とは

ここでは、直葬(または「直葬儀」とも言われます)とは、どういった形式の葬儀なのか説明します。

火葬だけで故人をおくる直葬が選ばれる理由

直葬とは、通夜や葬儀、告別式といったことはせず、火葬だけで故人とお別れをする式のことをいいます。最近ではこうしたスタイルの葬儀を求める方が増えており、その理由は以下の3つに集約されるようです。

(1)経済的負担を避けられる

通夜や葬儀を行う一般的な葬式は100万円以上かかりますが、直葬だと20~30万円が相場です。多くの場合、直葬は専門の業者(葬儀社)が取り仕切るのですが、安い業者だと10万円前後で対応してくれるところもあり、より経済的に済ませたいという方に選ばれているようです。

(2)無宗教の方が増えている

昔であれば、どの家にも菩提寺(お寺さん)があって、亡くなったらその寺にあるお墓に入るのが一般的でした。しかし現在では、宗教の考えを持たない「無宗教」の方が増えており、お墓も菩提寺ではなく宗教・宗派を問わない公営や民間の霊園に建立されている方が多くなっているという社会事情も、直葬が増えている理由となっているようです。

(3)参列者が少ない(逆に多すぎる)

特に都市部では、人間関係の希薄化や親戚・知人が遠方に住んでいるなどの理由で、通夜や葬儀を開いても参列者が集まらないため直葬にしようと遺族が判断されることもあるようです。逆に参列者が多い場合でも、身内だけで直葬を行い、遺族が落ち着いたところで「お別れの会」を盛大に行うという利用者もいるようです。

直葬の注意点

直葬は、現代のライフスタイルにあっていたり、葬儀を安く済ませられるなどのメリットがある一方で、注意しなければならないポイントもありますので、事前に確認しておきましょう。

まず、菩提寺がある方は必ずお寺さんに相談しましょう。葬儀を行ってから火葬、納骨をするというのがお寺さんの考え方。お寺さんに確認をせず勝手に火葬してお墓に入れさせてくださいというのは虫のいい話だと考えられ、トラブルになることもあります。実際に、納骨をさせてもらえないといったケースもありますので、事前にお寺さんと相談しましょう。

また、通夜や葬儀は故人と別れを偲ぶ場を一度に行えるという側面もあります。直葬の場合、亡くなったことを後から知った知人が、毎日のように自宅までお参りへ来るということも考えられます。故人の人間関係を確認することも必要ですし、本人が直葬を希望されている場合はその旨を周知させ理解を求めるようにしておくことでトラブルを防げます。

先述した通り、直葬は専門業者に依頼することでスムーズにとり行えますが、信頼できる業者選びも注意すべきポイントです。相場より高い業者もなかにはありますから、費用やサービス内容(オプションで高くしていく業者もあります)を確認しましょう。