形式(かたち)よりも“気持ち”でおくる直葬のすすめ

直葬の基礎知識や安心して依頼できる葬儀社をまとめて紹介します

家族葬・1日葬・密葬との違い

ここでは、近年需要が高まっている直葬式と、家族葬・1日葬・密葬との違いについて解説しています。

直葬式との違いとは

直葬式と聞くと、「家族葬」「1日葬」「密葬」と同じと思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。確かに似ている部分もありますが、厳密には違いますのでよく理解したうえで適切な葬儀を選ぶようにしましょう。

家族葬との違い

家族葬とは「身内のみで行う葬式」のことを指し、通夜や葬儀は行います。一方、直葬式は通夜や葬儀は行いませんので、この点が大きな違いです。

1日葬との違い

1日葬とは、通夜か葬儀(もしくは告別式)のいずれかを行うスタイルの葬式です。一般的な葬式のように参列者を招く場合でも、身内のみの場合でも行います。主に参列者が遠方に住んでおり、通夜と葬儀を2日間にわたって行うと大変な場合に1日葬を行うケースが多く、葬儀・告別式のみを行う(通夜は省く)方が一般的です。

直葬式は上記の通り、通夜も葬儀・告別式も行わないスタイルです。

密葬との違い

密葬とは、後で本葬を行うことが前提にあり、その前に身内だけで行う葬儀のことを指します。例えば、有名人や会社の社長などが亡くなった際に、先に身内だけの葬儀(=密葬)を行い、落ち着いてから葬儀・告別式・社葬(=本葬)の準備をする、というケースが一般的です。また、年末年始などで参列者が集まれる状況がない場合にも、まず密葬して後日本葬を行うというケースもあります。

密葬はよく「家族葬」と同じだと思われがちですが、家族葬は本葬であって、その後に別途本葬を行うわけではありませんので、この点が違います。

また密葬を直葬で行い、後で「お別れの会」のような式をされる方も多いようです。

コンパクトな葬儀を求めるなら直葬式

家族葬・1日葬・密葬についておおまかに説明いたしましたが、葬式の規模であらわすと、

密葬式>1日葬>家族葬>直葬

という形になります(1日葬は参列者が身内のみの場合は、家族葬より規模が小さくなります)。

上記の式は、葬儀にかかる費用とも比例します。故人や遺族にとって、どれが適切なスタイルなのかよく考えて選ぶようにしましょう。

まずは直葬を行い、いろいろ落ち着いてから参列者を招いての「お別れの会(告別式とも違う会)」を行うのも、現代のスタイルにあっているのではないかと思います。