形式(かたち)よりも“気持ち”でおくる直葬のすすめ

直葬の基礎知識や安心して依頼できる葬儀社をまとめて紹介します

現代のスタイルにあった葬儀形式「直葬」

本サイトは、近年需要が高まっている「直葬」について、さまざまな情報を集めたサイトです。

特に、首都圏近郊で直葬を希望されている方には、直葬を扱う葬儀社の特徴や評判などの情報も集めて紹介していますので、参考までにご覧ください。

直葬の基礎知識

直葬は「火葬式」もしくは「荼毘(だび)葬」とも言われますが、その名の通り、火葬だけで故人とお別れをする葬式のことです。一般的な葬式で行われる通夜や葬儀、告別式といったことはしないスタイルですが、以前からこうしたスタイルの葬儀はありました。

ただ最近では、後日改めて本葬や社葬を行う予定がある、費用をかけたくないなど故人もしくは近親者の意向で、直葬を希望される方が増えているようです。

直葬の流れ

直葬は、このサービスを扱う葬儀社が取り仕切ることが一般的でスムーズに進みます。ですから直葬を行う際は、葬儀社に連絡をすることから始めます。葬儀社は遺体を安置所に運ぶための寝台車を用意し、搬送します。安置所は自宅でも結構ですが、ない場合は葬儀社が案内してくれることもありますので確認してみましょう。

その後、火葬までの準備も葬儀社が手伝ってくれます。例えば、火葬には「火葬(埋葬)許可証」を役所から発行してもらう必要がありますが、これを代行してくれるところもあります。また、火葬場や僧侶の手配なども葬儀社が支援してくれるところもありますので、打ち合わせの際に確認してみましょう。

火葬が済めば、葬儀社へ代金を支払って葬儀は終了です。

直葬の費用

直葬の費用相場は、20~30万円(火葬費用込)という葬儀社が多いようです。一般的な葬儀だと100万円はこえるのが相場ですから、半値以下になります。基本プランには、先に挙げた寝台車や安置所の費用、棺なども基本料金に含まれるところもあります。

また、葬儀社によっては火葬費用が含まれていないところもありますので、事前に確認しておきましょう。自治体にもよりますが、火葬の費用は数千円~5万円と価格に差があります。東京など都心部では高い傾向にありますので、直葬で葬儀費用を安く収めたい方は火葬費を含んだ合算で見比べるとよいでしょう。

信頼できる直葬業者の選び方とは

直葬は一部の葬儀社で扱っていますし、最近では直葬専門の葬儀社も出てきています。

ただ、残念なことになかには悪質ともいえるサービスを提供する業者もいますので、信頼できる会社を選ぶ必要があります。

例えば、安さを前面に出して火葬費用など追加料金で高くなるケース。上記の通り、直葬の相場は火葬費込で20~30万円ですが、基本料金が10万円くらいで必要最低限のサービスを追加していくと50万円以上になるという業者もありますので、基本料金のサービス内容や追加料金がかかるサービスを確認したうえで、葬儀社側もきちんと費用を説明してくれるかをしっかりチェックしましょう。

このサイトでは、直葬を扱う葬儀社を厳選して紹介しています。それぞれのサービス内容や費用などもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

>直葬を依頼できるおすすめ葬儀社ランキング